バックドロップ

技名 :バックドロップ

掛け手 :テリーマン
受け手 :モンゴルマン


王道の必殺技

b-ドロップ-01.JPG
まず、相手のバックを取りましょう

腹回り、腰回りを両腕でしっかりとホールド

b-ドロップ-02.JPG
全身に力を込めて、一気に後方へ相手をブッコ抜きます

b-ドロップ-03.JPG
b-ドロップ-04.JPG
相手の頭部、肩部をマットに打ち付けるように投げます

鉄人ルーテーズ選手が開発し、現在では広く使われています

アントニオ猪木選手、ジャンボ鶴田選手等がフィニッシャーとして使用していました

ミートくん
管理人も大好きなマンガ作品の〔 キン肉マン 〕の作中で、このバックドロップが大きく取り上げられる試合があります

王位争奪戦キン肉マンチームVSマリポーサチーム

次鋒アリキサンドリアミートVS中堅ミキサー大帝の試合です

キン肉マンや正義超人の戦いを一番近くでいつも見て来たミート君

そのミート君が試合で使った技がこのバックドロップなのです

しかもスグルの使う技で一番好きな技だと


決まった時、美しい虹を描く・・・

ミートくんのカッコいいシーンでしたね


バリエーション
この技もジャーマンスープレックス、DDT、ブレーンバスターと並び、バリエーションの豊富な技です

ヘソ投げ:もっともオーソドックスなバックドロップで、ルーテーズ選手の「ヘソで投げる」という名言の元になりました

ホールド:元々バックドロップはスリーカウントを取りにいく目的の技ではありませんが、そのまま両肩をマットに押さえつけてスリーカウントを取る方法もあります

急降下・高角度式:角度を通常のバックドロップと変えて落とし、受け身を取りにくく、ダメージを大きくしたバージョンです


レスラーの宿命
レスラーの皆様は常に危険と背中合わせ

いつ、大怪我するか

いつ、死に至るか

その辺りを覚悟してプロレスのリングに上がっています

2009年6月・・・

多くのプロレスファンに衝撃が走りました

バックドロップを受けた衝撃でプロレスリングノアの三沢光晴選手が亡くなられました



バックドロップが全ての原因ではない

蓄積されたダメージによるもので仕方なかった

しかし、プロレスのいちファンとして、技で、試合で大怪我や、死に至ると言うのは胸が痛みます




この記事へのコメント